相続の基本|弁護士の選び方や依頼する時に気を付けること

遺産相続トラブルを避けるために相続の基礎を知ろう

bengosi.net

相続の基本

弁護士バッヂと法律書

相続の基本知識

相続とは、亡くなった人の財産を家族や親族などで引き継ぎを行なうことです。法律により、財産を相続する際は亡くなった人の子どもから亡くなった人の父母や祖父母、亡くなった人の兄弟姉妹の順番に相続されます。なので一番に相続先になるのが亡くなった人の子どもということになります。亡くなった人に子どもや直系尊属がいなければ、兄弟姉妹が相続することになります。

相続で気を付けること

相続に関してトラブルになりやすく、注意することがあります。それは相続される遺産を数名で引き継ぐ場合に、相続される遺産は完全に分け終わるまでは誰か一人が遺産の処理をしてしまってはいけません。なので、どの様に遺産を相続するのか、誰が引き継ぐのかを相続する人達全員で話合わなければいけません。その時によくトラブルが起きてしまいます。

トラブルが起きてしまった場合

遺産の相続は遺言書などにも影響されます。細かく法律により取り分などが決められているので、遺産相続に関して何かトラブルが起きてしまった場合は、親族や兄弟の仲を壊してしまう原因にもなりかねません。なので、トラブルが起きてしまったら早急に弁護士に相談しましょう。遺産相続に関する弁護士は奈良にもいるのでいざとなった時は相談しましょう。